えっ?うがいは鼻でもできる?

私自身はチャレンジした事はありません。
万人にお勧めできるものでもありません。

ですが、鼻でうがいをできるようになると、鼻腔の奥の病原体や膿を落とし、
風邪の予防や花粉症対策に有効なのだそうです。
本日は鼻うがいについて。

SPONSORED LINK




鼻うがいとは

鼻の片方の穴から水を入れ、反対側の穴から吸い込んだ水を流す、
それが鼻うがいの方法です。

物理的に汚れを落とすので、手洗いや喉のうがいと同じく、
感染症対策には確かに有効と言えます。

しかし、注意点を守らないとかえって別の感染症にかかる恐れもあります。

注意点

・真水は使わない

1%弱の濃度の塩を入れたぬるま湯で行います。
人間の体液に近い濃度の塩分で行った方が、不快感をもたらす事無く行えるためです。

・途中で鼻をかまない

吸い込んだ水を完全に出し切るまでは、途中で鼻をかんではいけません。
鼻炎や、吸い込んだ水が耳に回って中耳炎を起こす恐れがあるためです。

・鼻に病気がある人はNG

蓄膿症がある人は、鼻の通りが悪く、鼻うがいがそもそもできません。
まずは耳鼻科にかかり、治療を受け、鼻の通りを良くする事が先決です。

また蓄膿と言われた事が無くても、鼻水や鼻づまり等をよく起こすという方は、
まずは耳鼻科を受診し、アレルギーや蓄膿、鼻腔の異常等がないかを調べてもらうべきです。

方法

①初心者はたらいを使うべし

たらい等の浅い容器に0.9%の塩が入ったぬるま湯を張ります。

②片方の鼻の穴を塞ぐべし

片方の鼻の穴を塞ぎ、残る一方で吸い込みます。
くれぐれも吸いすぎないように。

③鼻から吐き出すべし

吸い込んだ水を、反対側の鼻の穴から出します。
出し切ります。
口から吐き出さないように。口から吐いても病気になる恐れはありませんが、
「鼻うがい」とはなりません。

④鼻をかむ

鼻うがいを数回繰り返した後で、鼻をかんでください。

いかがでしょうか?
体質的にできる人とできない人がいるので、最初にお断りした通り、
万人にお勧めはできません。極端な事例ですが、鼻うがいが原因でアメーバ脳炎
にかかった人もおりますので、使う水や器具には十分注意を払ってください。
しかし、うまく行くとすっきりし、不眠が改善したという事例もあります。

興味があり、体質的に問題の無い方は、一度チャレンジをしてみては?

スポンサードリンク



トレンドニュース ブログランキングへ


コメントを残す