知っていれば安心!新札の用意の仕方について

新札とは、使っていないキレイなお札のことを指します。

結婚式のご祝儀やお年玉をあげるときなど、
お祝い事のご本人にお金をあげるときは、
なるべく新札を用意するのがマナーとされています。

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s

香典は基本的に旧札を使います。
(新札だと「不幸を待っていました」の意となるため)

しかし、急に用意しないといけない時などに
新札を用意しないといけないシーンってありますよね。

そんな時のために、いろいろな新札のもらい方を紹介します。

新札のもらい方

 銀行で両替をする

一番シンプルなやり方が、銀行で両替することです。
銀行にいくと両替の用紙があるので、その備考欄に「
新札」と書いて窓口に出すと新札で出してもらえます。

用紙を出す時に、「新札でお願いします」といっても可能です。

 両替用のATMを使う

銀行で両替のATMがあれば、新札に替えることが出来るものもあるようです。
これは銀行によって違うので注意が必要です。

ちなみに近所のみずほ銀行に聞いたら、
ATMで両替をすれば全部新札がでますよ、といっていました。

時期や場所によっても違うケースがあるので注意が必要ですが、
比較的、両替用のATMは新札が用意されているそうですよ。

 郵便局で両替してもらう

新札に両替できるのは銀行だけ、と思っていた方も多いかもしれません。
(以前はできなかったようですが、民営化し「銀行」になったから(?)かもしれません。)

窓口で「新札に両替したいのですが」と言えばOK。

場所によって郵便局のサービスが違うようですので、
近くの郵便局で1度確認されることをオススメします。

 ホテルのフロントで両替してもらう

結婚式などの場合、ホテルのフロントで両替をお願いしてみましょう。

かなりの高確率で変更してもらえます。
また、結婚式場でも一定数用意していることが多いです。

きっとそれまでの経験で、「うっかり新札に換えるのを忘れてた!」
という方が結構いるんでしょうね。

不安な場合は、電話で問い合わせて「新札はありますか?」
と聞いてみましょう。たいていの場合は快く両替してくれます。

 コンビニATMを使う

上記の手でどうしても新札が用意できなかった場合は、
コンビニのATMを活用する手もあります。

コンビニのATMは大量にお札を詰めるために
なるべくきれいなお札を用意するというルールになっているため、
新札が入っている可能性が銀行よりも高いとされています。

手数料がかかってしまいますが、やみくもにおろすとしたら、
コンビニのATMを使うのがオススメです。

おわりに・・・

というわけで、いざという時のための新札を用意する方法
を紹介してみました。

「まあお札ならなんでもいいや」で渡してしまって
ひんしゅくを買わないようにしっかりと覚えておきましょう!

イラストで解説!
20140711125951_53bf6137e6682

出展:http://nanapi.jp/