風邪をひいたとき、風邪薬はどう選ぶ?

 風邪を引いた時の治し方は人それぞれ。
薬に頼らず、生姜湯やホットワインで
治してしまうという人も珍しくはありません。

 その一方で、ぜんそく等の持病がある人は、
お医者さんから処方された薬をちゃんと使わないと
重症化してしまう事もあります。

 何が効くかは、その人の体質や環境にも左右されます。
今回はあくまで、一般的なお話としてお聞きいただければと思います。

市販薬

 風邪薬とは、正確には「総合感冒薬」と言います。
大手の製薬会社からいろいろな種類の風邪薬が
発売されています。

 特に数年前からOTC医薬品という効き目の強い薬も、
医師の処方せん無しで買えるようになりました。

 いずれもせきや発熱、喉の痛み等の諸症状を緩和する成分
は含まれていますので、特に持病がなければ、市販薬を使って
症状を抑えるというのも一つの手でしょう。

 しかし、風邪は、ライノウィルスやアデノウィルス、
エンテロウィルス等といったウィルスにより引き起こされます。

 市販薬には、これらのウィルスを殺す抗生剤は実は含まれていません。

 薬を使って症状を抑えただけで、学校や職場に行って無理をすれば、
病状をこじらせるだけじゃなく、周りの皆さんにもうつしてしまいます。

 市販薬を使っても、つまるところ休養と栄養補給が
必要なのは変わりません。
 つらい症状を緩和させるためには有効ですが、
市販薬をのんでいるだけでは「治る」わけではないという事です。

kaze

漢方薬

 漢方薬は、劇的に症状を緩和する効果は
期待できませんが、副作用が少ないという利点があります。

 葛根湯、小青龍湯、柴胡桂枝湯等が、風邪薬として
使われる代表的なものになります。

 第二類医薬品に分類され、気軽に買えるものがほとんどですが、
初めて漢方を試すのであれば、やはり薬剤師や医師によく
相談をしてからの方が良いでしょう。

処方せん医薬品

 医師の処方せんがなければ買えない薬の事です。

「たかが風邪に?」

とは思われるかも知れませんが、
重症化している場合や、ぜんそく等の持病のある人は、
たかが風邪でも受診がやはり必要です。

 前述のとおり、市販薬には抗生剤が含まれていませんので、
風邪の原因であるウィルスには効果がないのです。
また、ぜんそく患者に使う気管支拡張剤や、
強い去痰剤も市販薬にはありません。

 出ている症状や体質により医師の処方は異なりますので
一概には言えませんが、PL顆粒という顆粒状の総合感冒薬は
処方せん医薬品になりますし、抗生剤も医師の処方せんがなければ買えません。

 市販薬を下手に使うと、完治するまで長引くという事もあります。

 市販薬を1週間服用し続けても治らないといった場合は、
服用を中止して医師に相談した方が良いでしょう。

 いかがでしょうか?
 いずれにせよ、薬にだけ頼って治すというのは無理があります。

 お医者さんに行っても、
「うちに帰ってゆっくり休んで下さいね」
と、必ず言われるはず。

 風邪を引いたら無理をせず、うちで静養するのが一番かもしれませんね。

健康

虫歯治療!最新のIconとは?

なんだか、歯が痛い・・・・

嫌ですよねぇ。あのウィーンっていう音を聞くだけでも

ぶるる。

TVを観ていたら、今はなんと、削らない最新治療方法があるとか!
今日は虫歯の最新治療方法を調べてみました。

d759114219fcc5e029dcaa85e75d7d35_s

Iconアイコンとは?

Iconは、ドリルや麻酔を使わずに、痛みもほとんどなく
エナメル質を再石灰化できる技術のようです。

今までの虫歯治療とは・・・?

虫歯治療する際には2つの選択肢

    フッ化物を使って初期段階でエナメル質を再石灰化させる
    「削って詰める」時期になるまで「静観する」

このどちらかでした。

従来の治療法の欠点は?

フッ化物による治療

 齲蝕が悪化した段階で行うと、効果が出ないことがある。

詰め物

 健康な歯構造の大部分を削らなくてはいけない。

初期齲蝕の最初の兆候、なぜ「静観する」アプローチが問題につながるのでしょう?

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s

齲蝕の兆候

無傷に見える表層下で、ミネラルが失われます。
再石灰化によって、病変の30%以上の細孔容積が影響を受ける。
これらの細孔を通じて有機酸が拡散し、エナメル質からミネラルが溶け出す。

こうなってしまうのはダメですよね。

Iconで虫歯進行状態を食い止める

ICONを齲蝕部分に浸透させ美しく治療

ICONを使った虫歯治療は、これだけのようです。
注射液みたいな治療具ですが、これで、ICONを虫歯部分に浸透させます。

Iconが浸透した白斑は、周囲の健康なエナメル質と見た目が変わらなくなります。

マイクロアブレーションや修復治療に取って代わる、
審美的にも非常に優れた方法です。

削らずに1回の診療で全て完了できちゃう。

この1回というのがすごい魅力ですね。

「削らないでつめる」を可能にした、
いわば夢のような材料がIconです。

Icon利用の注意点は?

治療としては、虫歯の初期段階に使われるようです。
早めの治療!ということですね。

日本では厚生労働省が歯科材料として
承認していないため、保険の適用外になります。
要するに・・・お金がかかる。
TVでは、1本15000円と紹介されていました。

ヨーロッパや中国など海外では公的に
承認されている治療法ということなので
早く日本でも、保険で認められるといいですね!

健康